フェイスドライバー

FSP型

FSP型のフェイスドライバーは芯押し台から主軸方向への推力によって加工物を把持しようとする力が働きます。加工物はセンターピンの摺動によって芯を出しながら把持されます。これによって加工物の両端のセンターがバランスを保ち、端面の基準位置を決めます。
FSP型は剛性が高くドライブ径範囲の広いドライブディスクによって加工物を把持します。
ドライブピンの交換インサートは超硬チップで作られており、必要に応じて簡単に交換できます。

消耗部品/その他補給部品

加工物に応じた特注製作となります。

主軸取付フランジアダプター

主な使用事例:

FSP型